HOME

121m.jpg
画像 080.jpg


01g.jpg昭和26年12月、小深横町(現在・新阪急ホテル)にて、創業者・中村隆洪が、戦後の物のない時代に鶏ではなく高級食材『合鴨』に着目し、他店とは一味ちがう焼鳥屋『大阪一とり平本店』を開業。
酒も二級酒が一般的な時代、タレとの相性に重きを置き伊丹の酒『白雪』の特級酒にするなどのこだわり様。
また、『ネオドンドン』『ネオポンポン』など一見、暗号のような変わった焼き鳥のネーミングをつけインパクトある名前、そしてお客様との会話のきっかけにと考案。
昭和42年、二代目中村勝がとり平に入った頃、阪急梅田駅の再開発の為、小深横町から現在の新梅田食道街へと移動する。sen.jpg
昭和45年、とり平総本店・とり平北店・そばのとり平の3店舗と広げる。
それから十数年後、平成6年に三代目中村元信が入店。
とり平総本店・北店での修行を経て、平成14年6月より大阪一とり平本店の店主となる。
備長炭を巧みに操り、創業より継ぎ足し使い続けている家伝のタレにネタをくぐらし、直火の強火でさっと炙り焼きするスタイルは今も守り続けております・・・・・・・・親から子へ。